脳梗塞リハビリステーション山口が読売新聞に掲載されました。

令和元年5月31日(金)の読売新聞に「新しい時代における脳卒中等の後遺症改善と自費リハビリの可能性について」をテーマとし、三浦センター長と弊社代表の藤井がインタビューされた内容が掲載されました。


脳卒中後遺症リハビリの専門施設の存在を少しでも多くの方に認知していただけますと幸いです。




0回の閲覧
福岡ロゴバナーHP.jpg
脳梗塞リハビリステーション山口
​山口県周南市小松原1233-3 TEL:0120-667-783