血圧!!!

最終更新: 3月21日

皆さんこんにちは!脳梗塞リハビリステーション山口センター長の三浦です。

先週健康診断を受けてリハステ山口のマスコットキャラクター的存在の迫さんは腹囲が9cmも減っていたとかいないとか(´∀`*)ウフフ トランポリンを毎日やっている成果が出たとの本人談ですが(^◇^)

迫さんが気になる方は、是非!!脳梗塞リハビリステーション山口まで(笑)

私は血圧が少し高いかなと気になったので(笑)今回、血圧についてお話ししていこうと思います。

高血圧という言葉はよく耳にしますね。 最近はテレビでも様々な病気について特集が組まれており、その度に原因として高血圧が挙がることも少なくありません。健康診断でも「血圧が高いですね」と言われたり、内科を受診されて薬を服用している方も多いかと思います。

高血圧は大きく2つに区分されています。一つは一次性高血圧(本態性高血圧)と呼ばれ、遺伝的要因・環境的要因により発症します。

一次性高血圧は高血圧全体の約90%を占めており、特に環境的要因つまりは生活習慣が密接に関与しています。血圧を上げる生活習慣としては、塩分の過剰摂取、肥満、運動不足、ストレス、多量の飲酒等が挙げられます(/o\)。もう一つは二次性高血圧と呼ばれ、内臓の病気によって生じてしまいます。

では、血圧とは具体的にどういったものなのでしょうか。 血圧とは心臓から送り出された血液の流れによって生じる血管内の圧力の事です。血圧は心臓から送り出される血液量や全身を廻る血液の全体量、血管の弾力性、末梢血管の抵抗、血液の粘度によって変化します。負荷の大きい運動をした後は心臓がドクンドクンと強く拍動することが有ります。

これは心臓がより多くの血液を全身へ送るためであり、一回に送り出される量が増えるほど血圧は高くなります。また、全身を循環している血液量が増えると血圧が上がり、血液量が減ると血圧は下がります。血液の流れ難さも血圧の上昇に関係しています。

血管の弾力性が無くなり固くなる、血液の固形成分(赤血球など)の割合が増え粘り気が生じると血液が流れ難くなり血圧が上昇します。

どこからが高血圧で、どこまでが正常なのか、血圧の基準値を以下の表にまとめます。当院では運動療法・消炎鎮痛療法ともにリハビリによる症状憎悪のリスク回避のため、高血圧と診断された方には事前に血圧を測定させて頂いています。血圧が160/90以上の方はしばらく安静にした後もう一度測定し、血圧が下がった後もしくは医師にリハビリ実施の確認を行った後に治療を行っています。


分  類   最高血圧(収縮期血圧)        最低血圧(拡張期血圧)圧)  

至適血圧    <120         かつ      <80

正常血圧    <130       かつ/または    <85

正常高値血圧  130~139     かつ/または     85~89 

Ⅰ度高血圧   140~159     かつ/または     90~99

Ⅱ度高血圧   160~179     かつ/または     100~109

Ⅲ度高血圧   ≧180       かつ/または    ≧110

収縮期高血圧  ≧140         かつ      <90



高血圧は様々な疾患の原因ともなります。血圧が高い状態が続くことによって血管の壁が傷つき脆くなります。やがて動脈硬化症など循環器系の疾患を引き起こし、それが心筋梗塞や脳梗塞の起因となってしまいます。これは代表として挙げたもので、他にも内臓への負担が蓄積し大きな病気に繋がってしまう可能性があります。

血圧を下げるには薬による治療の他に、生活習慣を見直していくことが重要です。生活習慣の改善として、有酸素運動、野菜・果物の摂取、減塩、お酒を控える、禁煙、体重の減量が挙げられます。

有酸素運動は1日30分程度の早歩きでの歩行を行うようにしましょう。早歩きが難しい場合でも1日の生活の中でなるべく歩く時間を多くとる、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うようにする、ラジオ体操のような軽めの全身運動・柔軟体操を行うように心掛けましょう。また、水泳やサイクリングも有効です。


減量ではBMIで25%以下となるように気をつけましょう。

BMI(Body Mass Index)とは体重と身長で計算ができる肥満の指標となるものです。

計算式は、 BMI = 体重[kg] ÷(身長[m] × 身長[m]) で求められます。 BMIが18.5未満では低体重、18.5~25で標準体重、25以上で肥満となります。


また、野菜・果物の摂取では注意が必要な方もいます。重度の腎障害を有している方は高カリウム血症となる危険があり、糖尿病を有している方は果物の過剰摂取による血糖値の上昇に注意が必要です。

最初に書いたように、高血圧は生活習慣との関わりが強いと言われています。生活習慣を改善することで高血圧だけでなく、糖尿病、脂質異常症といった他の生活習慣病の予防にも繋がっていきます。


血圧について少しは理解できたかと思います。私も過度な飲酒を控え(*´Д`)定期的な運動習慣を身につけていきたいと考えています。

皆さんも高血圧の治療・予防のため、また高血圧による様々な合併症を予防するためにも生活習慣を見直していきましょう。

                            それではまた(^_-)-☆



0回の閲覧
福岡ロゴバナーHP.jpg
脳梗塞リハビリステーション山口
​山口県周南市小松原1233-3 TEL:0120-667-783