適度な運動で風邪予防!!!

皆さんこんにちは!脳梗塞リハビリステーション山口センター長の三浦です。

今日の朝も、車のフロント部分が凍っていました。(;´∀`)

寒くなり風邪などひていませんか?今回は、風邪をひきにくくするために定期的な運動習慣を取り入れましょう!というお話です。

皆さんの周りでも、運動を日常的に取り入れている人は元気なイメージがありませんか。 元気=健康、健康だから風邪をひかないという印象をあたえているのかと思われます(笑)。では実際はどうなのでしょうか。運動する・しないと風邪をひく・ひかないとの関係性について調べてみました。( ..)φメモメモ。

風邪は、鼻もしくは喉、あるいはその両方の腫れと痛みから始まります。鼻、喉の粘膜からウイルスが体内に侵入していきます。ウイルスが粘膜組織を通過するのは、およそ20分といわれ、ひとたびうがいをしても遅いのです。 風邪をひかない状態は、この鼻・喉の上気道の粘膜に分泌される粘液、その中に含まれる分泌型免疫グロブリン(S-lgA)がウイルスや細菌をやっつけてくれ、体内への侵入を防いでくれるのです。 このS-lgAは運動とストレスによって分泌に変化があることがわかってきました。簡単に言えば、適度な運動を日々定期的に行うと、唾液中にS-lgAがたっぷり分泌されるのです。さらに、簡単にいえば、運動習慣を心がけるひとは、かぜ症候群にかかりにくい、とういうことになるのです。ここで大事なのは、免疫最前線でたたかうS-lgAは日常的に行われる運動の強度でその分泌が向上や減少するということ。よかれと思って激しい運動をすると、かえってS-lgAの分泌量は減り、免疫力は「急激に落ちるため、特に注意が必要になります。 では、どんな運動が風邪を予防できるのでしょうか。運動経験、年齢、性別によって適度な運動強度は変わるので、万人に当てはまるような具体的な運動内容を提示することはできないのですが、(/o\)風邪をひかないための運動は、生活習慣として日々行えるものがよいのではないかと考えます。毎日継続できるとなると、自然と軽い強度になるからです。人によってはジョギングであり、ウォーキングであり、ラジオ体操とかがあげられます。逆に、風邪をひきやすい運動は、私もよくやるのですが|д゚)ある日突然思い立った強い運動であり、その瞬間、免疫力は高まるけれど、時間とともにマイナスに作用し、かえって免疫力を失ってしまう可能性があります。実は、アスリートが風邪をひきやすいとされるのも、こういった追い込み型の練習が関与していると考えられているのです。

風邪は、鼻もしくは喉、あるいはその両方の腫れと痛みから始まります。鼻、喉の粘膜からウイルスが体内に侵入していきます。ウイルスが粘膜組織を通過するのは、およそ20分といわれ、ひとたびうがいをしても遅いのです。 風邪をひかない状態は、この鼻・喉の上気道の粘膜に分泌される粘液、その中に含まれる分泌型免疫グロブリン(S-lgA)がウイルスや細菌をやっつけてくれ、体内への侵入を防いでくれるのです。 このS-lgAは運動とストレスによって分泌に変化があることがわかってきました。簡単に言えば、適度な運動を日々定期的に行うと、唾液中にS-lgAがたっぷり分泌されるのです。さらに、簡単にいえば、運動習慣を心がけるひとは、かぜ症候群にかかりにくい、とういうことになるのです。ここで大事なのは、免疫最前線でたたかうS-lgAは日常的に行われる運動の強度でその分泌が向上や減少するということ。よかれと思って激しい運動をすると、かえってS-lgAの分泌量は減り、免疫力は急激に落ちるため、特に注意が必要になります。 では、どんな運動が風邪を予防できるのでしょうか。運動経験、年齢、性別によって適度な運動強度は変わるので、万人に当てはまるような具体的な運動内容を提示することはできないのですが、(/o\)風邪をひかないための運動は、生活習慣として日々行えるものがよいのではないかと考えます。毎日継続できるとなると、自然と軽い強度になるからです。人によってはジョギングであり、ウォーキングであり、ラジオ体操とかがあげられます。逆に、風邪をひきやすい運動は、ある日突然思い立った強い運動であり、その瞬間、免疫力は高まるけれど、時間とともにマイナスに作用し、かえって免疫力を失ってしまう可能性があります。実は、アスリートが風邪をひきやすいとされるのも、こういった追い込み型の練習が関与していると考えられているのです。

日々の運動習慣が強い免疫力をつくるといえ、一過性の運動は良いとは言えず、それも強い運動ほど、逆に免疫力を低下させてしまいます。持続性運動、つまり生活習慣となった定期的な、そして適度な運動が免疫力を強化するといえます。 この事実は高齢の方にももちろん当てはまります。2005年に行ったスポーツ科学研究では、運動経験のない高齢者に週に2回、運動教室に通ってもらい体を動かしてもらったところ、3年後には倍以上の免疫力を得ている事実があるのです。このことから程度な運動習慣はかぜ予防となります。

今から、まだまだ寒い季節が続きますので、適度な運動で免疫力を高め、風邪を予防していきましょう。

                              それではまた(^_-)-☆

                            



174回の閲覧
福岡ロゴバナーHP.jpg
脳梗塞リハビリステーション山口
​山口県周南市小松原1233-3 TEL:0120-667-783