姿勢


皆さんこんにちは!脳梗塞リハビリステーション山口センター長の三浦です。

緊急事態宣言が全国に拡大されましたね。私たち家族も朝晩の検温、手洗い、うがい、マスク着用が習慣化してきました(^^)/ 今できる最善の努力をしていきたいです。


コロナウィルスで自粛!テレワークなどで在宅勤務!子供の見守り生活!で疲れていませんか?

私は、休みの日は自宅で引きこもってます( ;∀;)コロナ太りが怖い|д゚)

コロナウィルスの一日も早い終息を願うばかりです(/o\)


今回は、運動不足で体のあちこちが心配なので、姿勢についてお話していこうと思います。

皆さんは、自分の姿勢はどんな姿勢か考えたことありますか?

朝の姿勢と夕方の姿勢は同じですか?

「最近身体に慢性的な痛みがある。」「朝は痛いけど、日中になると改善される。」「夕方から痛みが出てくる。」といった症状をお持ちの方は、無意識に痛みを回避し、朝と夜で姿勢を変えてしまっている可能性があります。

痛みを訴え来所されるお客様の多くが、正しい姿勢から痛みを回避する姿勢へと変わっていることがあります。時間が経過するにつれ、痛みを回避した姿勢=自分の姿勢と認識して違和感がなくなってしまいます。もちろん麻痺があり、荷重をかけるのが怖い場合や、可動域の制限などによる姿勢不良なども同じです。

しかし、その姿勢は身体に無理な姿勢となっていることが多く、身体はバランスを保とうとして緊張していることになります。結果、2次的障害を引き起こして、本来の痛みとは異なった個所に痛みや筋緊張を出現させている可能性があります。

では、正しい姿勢とはどんな姿勢でしょうか?

立位姿勢の場合、左右均等に立つことで理想的な重心を生み出します。ところが、左右の重心に偏りがある姿勢では、バランスが崩れやすくなってしまいます。崩れたバランスを保とうとして筋骨格系で大きな力を使うようになることで、肩や腰、足に過剰な力が入りやすくなります。その結果、右足と左足にかかる体重の割合に負担がかかり、片方の膝だけ痛くなるという現象が起こります。

正しい姿勢では左右均等に立つことで、重心が安定し、バランスを保つ力が最小限になります。筋骨格系にかかる負担は少なくて済みますので、痛みが軽減される可能性があります。

リハビリでは、解剖学的肢位という姿勢から前額面、矢状面の2種類の方向から観察します。医療系以外の方はなじみのない言葉かもしれませんが、前額面とは正面、または後ろからみた姿勢のこと、矢状面とは横からみた姿勢のことです。

まず前面(前額面)からみた理想的な姿勢(主に立った姿勢)は、

① 右と左の足首を結んだ中央

② 右と左の膝を結んだ中央

③ 恥骨(おへその下を辿った骨盤の前方部分)

④ 剣状突起(みぞおち付近にある軟骨)

⑤ 上唇の中央

⑥ 眉間

をまっすぐとることができる姿勢です。


次に横(矢状面)からみた理想的な姿勢(主に立った姿勢)は、

① 外側のくるぶし

② 膝の前方

③ 大転子(太ももの付け根の外側の骨)

④ 肩の真ん中

⑤ 耳の穴

のラインをまっすぐとることができる姿勢です。

この5箇所が一直線状になり、壁を背に壁と腰の間に手の平が約1.5枚分、開いていれば、理想的なS字カーブの正しい姿勢だと言えます。

この5点が一直線状になっていない時は、猫背や反り腰などになっている可能性があります。

自分の姿勢を自分で観察できる有効な手段として、鏡を利用することです。全身が観察できる大きな鏡があることが理想的ですが、上半身だけ観察できる鏡しかない方もトライしてみましょう。また立つことが困難な方、バランスを取れない方は、まず椅子に座って自分の姿勢を観察してみてください。首がどちらかに少し曲がっている、左右の肩の高さが違う、肋骨(あばら骨)が片方だけ浮き上がったように見える、腰の位置・開き、足の形や高さが違うなど気がついたことがあれば、それが痛みや凝り、筋緊張の原因のひとつかもしれません。鏡をみながら正しい姿勢へと近づけるように意識してみましょう。

初めは朝・晩一回ずつ姿勢を観察してみてください。違いに気がつくことがあると思います。 痛みが強い場合は、無理をせずに病院で医師の指示を受けることが重要です。

まずは左右のバランスを意識し、負担の少ない姿勢を目指してみて下さい。

わからないことや、リハビリに興味がある方は、脳梗塞リハステ山口にご相談下さい。

                              それではまた(^_-)-☆


あっ(/o\)迫さんではありませんよ(´∀`*)ウフフ

14回の閲覧
福岡ロゴバナーHP.jpg
脳梗塞リハビリステーション山口
​山口県周南市小松原1233-3 TEL:0120-667-783