腰痛

 皆さんこんにちは!!脳梗塞リハビリステーション山口センター長の三浦です。

本来なら、ウキウキ!ワクワク!ドキドキ!のGWとなりますが、相変わらずのコロナウィルス感染拡大をさけるために自粛する今日この頃です(;´∀`)

自宅で、自分の体のケアをする良い機会なのでストレッチなどで体の痛いところなどを明確にしておきましょう(^^)/

前回、姿勢についてお話しましたが、姿勢不良によって発症しやすい腰痛について簡単にお話していこうと思います。


 皆さんは腰痛が出現すると整形外科やリハビリ、整体・整骨院へまず行こう!と思われる利用者様が多いかと思います。また、なかなかその痛みが取れなくて慢性化している利用者様もいらっしゃると思います。 重いものを中腰姿勢で持つことが多い、長時間同じ姿勢でいたりすることが多い利用者様は筋肉や骨、関節などに負荷がかかり痛みを引き起こす原因となります。そこで整形外科を受診してリハビリを行うことや筋緊張を緩和するために、整体・整骨院に通うことは必要です。しかし、腰痛の原因は様々で場合によっては、内臓疾患が腰痛を引き起こしている場合もあるのです。

脳梗塞リハステ山口では、腰痛や背部痛で来所される利用者様に、既往歴や治療中の内臓疾患、服用中のお薬についてお伺いするように努めています。これは痛みが出現した位置の臓器の状態に異常はあるか、無いかを確認するために行います。

腰痛や背部痛の原因は、整形外科的な筋肉の緊張や低下、筋肉にダメージがある場合。骨や関節の変位などが原因の場合。内臓疾患が原因の場合。両方とも考えられる場合と様々あります。前回お話した姿勢の歪みから臓器の圧迫がおこってしまうケースもあります。

 代表的な腰痛を伴う内臓疾患としては、尿路結石や、腎結石、大動脈瘤、子宮筋腫などが挙げられます。それぞれの臓器の位置により腰痛の部位は変わりますが、全体に痛みが出る場合もあるので、医師に相談し検査することが重要です。そういった既往がある利用者様や内臓疾患を治療中の利用者様も腰痛には注意が必要です。

 また、整形外科的な腰痛(筋肉、骨・関節の変位)から姿勢が歪むことで、内臓を圧迫した結果、内臓疾患を伴い易い可能性もあるので、今まで内臓疾患の既往が無い利用者様も腰痛が出現した場合は、内臓に異常がないか定期的な検査(健康診断など)が必要と考えます。

 背部痛の代表的な内臓疾患は、胃潰瘍などが挙げられます。胃を例として説明すると、胃の位置は本来、肋骨に覆われており、胸椎の10番目から腰椎の1番目の間にあることが多く、腰よりも少し上でやや左に位置するところ(背部)で痛みが出現する可能性があります。胃下垂の方は、下がる程度に個人差がありますが、ヘソの辺りまで下がっている場合は、腰を圧迫する可能性があります。

 胃の疾患で、内科を受診している利用者様が背部や腰部に痛みの出現ポイントがあると訴えた場合。食前や食後に背部痛がひどくなるか?ストレスがあるかないか?などお伺いすることがあります。胃は食事をすると食物は一度胃で消化されるために膨らみます。そのため胃が存在する位置は食物が一時的に貯まるため膨らみます。そうなると胃の周辺の筋肉が一時的に伸ばされます。また背骨や肋骨を圧迫します。それが原因で食事をした後で痛みが出現する場合もあります。食後に胃が膨らんで、すぐ重いものを持つと、食前よりも胃は膨らんでいますので、胃の周辺の筋肉、骨・関節はさらに圧迫を受けやすい状態となり、筋肉や関節を痛める可能性が高くなります。すでに胃炎を起こしている利用者様や、胃に何らかの疾患がある利用者様は、胃の周辺や背部に痛みが出現している可能性があります。

 内臓疾患の既往歴が無い利用者様には、痛みが出現した場所の位置とその周辺にある内臓の臓器について健康診断の検査結果で要注意となっている項目をお伺いすることがあるかもしれません。また、内科へ受診して検査を勧めることがあると思います。それは腰痛の原因が内臓疾患の可能性となっていないかを確かめるためです。

 このように脳梗塞リハステ山口では、利用者様の痛みに対して1方向ではなく多方面からアプローチしていき内科的要因も視野に入れながら痛みと向き合っております。内臓に問題が無ければ安心してリハビリをすることができます。例え問題があったとしても、内科的治療を行いながらリハビリをして腰痛改善を目指していくことができますので、心あたりがある患者様で、受診されていない患者様は、内科を受診していただいた上で整形外科やリハビリを受けていただくのも1つの方法かと思っていただければ幸いです。

 痛みが出現した際には、痛い場所だけでなく、その周辺の内臓も少し気にしてみて下さい。内側(内臓)からも外側(整形外科やリハビリ)からも治療していけば、良くなる可能性は少しでも向上すると私は考えます。

何か気が付いたことがあれば、担当医や担当セラピストにご相談ください。

 脳梗塞リハステ山口では、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症以外にも、骨折後のリハビリ・慢性腰痛など整形疾患にも対応させていただいていますのでお気軽にご連絡して頂くと幸いです。

                              それではまた(^_-)-☆



16回の閲覧
福岡ロゴバナーHP.jpg
脳梗塞リハビリステーション山口
​山口県周南市小松原1233-3 TEL:0120-667-783